忍者ブログ
今私が気になっている事を綴ります。
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

生命保険会社から様々な種類の生命保険が販売されています。
生命保険の種類があまりにも多く、どの生命保険を選んだらいいのか判断ができない、という人は多いと思います。

しかし、生命保険をタイプ別に分けてみると死亡保険、生存保険、生死混合保険の3種類しかありません。

死亡保険とは、被保険者が高度障害になったり、死亡したりした時に保険金が支払われるものです。
死亡保険は遺族の生活保障を目的として加入する保険です。
そのため、満期になるまで生存していたとしても満期保険金はありませんが、保険によっては満期給付金がでるタイプもあります。

生存保険とは、満期まで生存することを前提とした保険です。
この保険は貯蓄性を重視したもので、貯蓄保険、個人年金保険と呼ばれるものはこのタイプの保険となります。
月々の保険料を積み立てて満期になると満期保険金が出ることになります。
被保険者が死亡した場合、死亡給付金としてそれまでに払い込んだ保険料を同額程度のお金を受け取ることができます。

生死混合保険は死亡保険と生存保険を合わせたタイプの保険となります。
満期まで生存すれば満期保険金が出ますし、途中で被保険者が死亡すれば死亡保険金がでます。
養老保険と呼ばれる保険がこのタイプの保険になってきます。

これらのタイプは生命保険の主契約部分と呼ばれる基礎となる部分で、これらに様々なオプションを付け加えていきます。
付け加えたオプションを特約と呼び、主契約と特約の組み合わせにより多くの保険が商品化されているのです。

PR
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]